JOQRテーマ一覧

文化放送 大垣尚司・残間里江子の大人ファンクラブ(FM91.6/AM1134)

楽しいセカンドライフを送るために。金融・住宅のプロフェッショナル大垣尚司と、団塊世代プロデューサー残間里江子が、大人の目線でお届け。このブログでは、「大人ライフアカデミー」「マイホーム活用大作戦」の2コーナーの文字起こしを掲載中。

埼玉県の鶴ケ島市から愛知県知多郡へ

水谷 今週は、「マイホーム活用大作戦」。移住住み替え支援機構JTIでは、マイホーム借り上げ制度を通じて、大人世代の皆さんに安定した暮らしを提案しています。このコーナーでは、JTIのサイトウミチオさんにご登場いただきまして、豊富な事例の中からリスナーの皆さんの参考になりそうなケースをご紹介していただきます。宜しくお願いします。

サイトウ よろしくお願いします。今日はですね、埼玉県の鶴ケ島市から、愛知県知多郡のほうへ移住されたお客様の事例を紹介させていただきます。今の流れでいうと、ポンと知多郡へ行っただけのように感じられるんですけれども、1990年に住宅メーカーで埼玉県鶴ケ島市にマイホームを新築して、お子様お二人を育て上げられたということなんですね。で、定年退職を機に、お子様のところに育孫で近くに近居したいと。

残間 孫育て。

サイトウ はい。それがなぜか徳島県阿南市というところだったんですね。ですから一度、埼玉県からは、徳島県に移住されています。その後、お子様のほうも大きくなってきたので、もう一回ということで、風光明媚な場所、愛知県知多郡へということになったんですね。

大垣 そうすると、いつJTIの利用を始められたんですか。

サイトウ 元々はJTIの利用というか、私どもの機構に事前に申し込みはされていたそうなんですね。知っていたということなんですね。住宅メーカーの機関紙とか、そういったものでお知りになっていたんだと思うんです。で、実際に育孫で出かけるぞという段取りになったときに、築年数もそれほど古いわけじゃないから、勿体無いので、移住・住みかえ支援機構の制度を使おうと。

大垣 じゃあ、徳島に行った段階でもうお使いになっていた。で、そのまま知多郡へ。

サイトウ そうなんです。

大垣 なるほど。

サイトウ なので、お客様は、住み替えを移動しても、家は貸し続けて。

大垣 これ、理想的な生活ですよね。

残間 いろんなところに行けるね、これだとね。

大垣 そう。やっぱり、基盤があるっていうのが大事ですよね。

サイトウ そうですね。もしかしたら途中で戻りたくなるかもしれない。

大垣 そしたら戻ればいいもんね。

サイトウ 通算で9年、この方は貸されていて。

大垣 じゃあもう、1000万近い。

サイトウ はい。賃料的にも7万円を超える金額で。

大垣 そうですね、埼玉だと。

サイトウ もう800万を超える金額がすでにお手元にお届けできています。

残間 すごいね、気がつくとこうなってるんだね。

水谷 元々の鶴ヶ島のお家というのは、売ってしまうと、どうですか。どうなんだろう。

サイトウ そうですね、鶴ヶ島でしたらそれなりの金額では売れると思うんですけど、例えばこの方9年ですでに800万円を超える。後10年かしてたら、もしかしたら売った金額に近いところまで。

大垣 土地があるからね。

水谷 で、おうちも残ってる。

大垣 上物は、メーカーだと多少高めには評価されるけど、それでも5、600万ぐらいにしかならないことが多いですよね。

残間 ふーん。

水谷 じゃあ、安心して老後を過ごせるということですね。

サイトウ そうですね。育孫が終わって、セカンドライフをとても綺麗な景色を見ながら楽しんでいらっしゃるということで、お話しされていました。

残間 今も、大人数のご家族。

サイトウ そうですね。なんと5人家族で、子供が3名ということなので。3人お子さんがいらっしゃってと。学校とか、なんでもありますから、鶴ヶ島は住むのには便利な場所ですね。

大垣 そうですね。

水谷 今日もJTIのサイトウミチオさんに、幸せな住み替えの実例をご紹介いただきました。ありがとうございました。

サイトウ ありがとうございました。