JOQRテーマ一覧

文化放送 大垣尚司・残間里江子の大人ファンクラブ(FM91.6/AM1134)

楽しいセカンドライフを送るために。金融・住宅のプロフェッショナル大垣尚司と、団塊世代プロデューサー残間里江子が、大人の目線でお届け。このブログでは、「大人ライフアカデミー」「マイホーム活用大作戦」の2コーナーの文字起こしを掲載中。

兵庫県伊丹市から島根県松江市へ

鈴木 今週は、「マイホーム活用大作戦」。移住住み替え支援機構JTIでは、マイホーム借り上げ制度を通じて、大人世代の皆さんに安定した暮らしを提案しています。このコーナーでは、JTIのサイトウミチオさんにご登場いただきまして、豊富な事例の中からリスナーの皆さんの参考になりそうなケースをご紹介していただきます。宜しくお願いします。

斎藤 よろしくお願いします。きょうはですね、兵庫県伊丹市から、島根県松江市に移住された方の事例をお話しさせていただきます。ものすごい、古民家が出てまいります。

大垣 これが松江市の。

斎藤 そうです、ご実家に。

残間 立派な家。すごい家ですね。

斎藤 なかなかこの雰囲気はないですよね。どんな形だったかというと、仕事の関係で、伊丹市に、マンションをお買い求めになられて、そこがマイホームということで、お子様を育てて。

大垣 これはこれですごくいいところですね。

斎藤 そうなんです。で、定年退職をするということで、色々考えていたところ、松江のご両親、あるいは松江の家のこと、色々やらなきゃなというお話になって、思い切って住み替えてみるかという話になったんですね。築80年以上の古いお家、雰囲気のある。いいですね。私もこんな家に一回住んでみたいです。そちらに行くということになると、今のマンションをどうしようかと。実は、マンションが結構値段が下がっておりまして。ですから、購入したときからみると、本当に二束三文のような金額で売却ということに。

大垣 ちょっと北のほうだしね。


斎藤 そうなんです。で、ちょっとそれは厳しいなということで話し合っていたら、インターネットでたまたま移住・住みかえ支援機構のことを見つけていただいて、お問い合わせいただいて、ハウジングライフプランナーの方がマンションに来てくれて、見たところ、まだまだ十分貸せますよと。マンションですから、まだまだ年数も長く貸せるというお話を聞いて、売らなくていいんだったらそれがいいかなということで、貸し出しを決意して、賃料収入を得ながら両親とともに今暮らしていらっしゃると。伊丹市のマンションのほうが、それほど金額は高くはないんです、7万円弱ということなんですけど、この方はもう6年も継続していただいていまして、300万円を超える金額をお届けできていると。

大垣 だいたい7万弱だと、空室になっても5万ぐらい確実に入るわけですね。

斎藤 そうですね。入居者も、ずっと空きがほとんどなく入っているということで。

大垣 マンションだとね。

斎藤 とても安心して住むことができていて、親とも一緒に住めてよかったということで言っていただいております。

鈴木 こちらも、将来的にはまた伊丹市に戻るっていう選択肢も。

斎藤 そうですね。実を言うと、戻ってきたいとおっしゃっていまして。

大垣 そうなの?

斎藤 そうなんです。だいぶ生活の便は違うらしいので。こっちに戻ってきたいなという希望をお持ちだそうです。

大垣 それはそれでまたね。

鈴木 今日もJTIのサイトウミチオさんに、幸せな住み替えの実例をご紹介いただきました。ありがとうございました。

斎藤 ありがとうございました。