JOQRテーマ一覧

文化放送 大垣尚司・残間里江子の大人ファンクラブ(FM91.6/AM1134)

楽しいセカンドライフを送るためのご提案などがたっぷり! 金融・住宅のプロフェッショナル大垣尚司と、団塊世代プロデューサー残間里江子が 大人の目線でお届けします。このブログでは、「大人ライフアカデミー」「マイホーム活用大作戦」の2コーナーの文字起こしを掲載しています。

東京都の品川区から佐賀県の鳥栖市へ

鈴木 今週は、「マイホーム活用大作戦」。移住住み替え支援機構JTIでは、マイホーム借り上げ制度を通じて、大人世代の皆さんに安定した暮らしを提案しています。このコーナーでは、JTIのサイトウミチオさんにご登場いただきまして、豊富な事例の中からリスナーの皆さんの参考になりそうなケースをご紹介していただきます。宜しくお願いします。

斎藤 よろしくお願いします。きょうはですね、東京都の品川区を貸し出しをされまして、佐賀県鳥栖市というところに移住された方。

大垣 いいお家。

斎藤 ご実家です。

大垣 お屋敷じゃん。

残間 植栽が。

斎藤 これは防風林ですね。

残間 すごい。

鈴木 防風林・・・。

斎藤 その周りに畑があって、これは全部ご自宅だそうです。

大垣 防風林ついてない家ばっかりじゃないですか、周り。

斎藤 相当古くから。

大垣 周りは飛んでいきますね。

鈴木 すごいなあ。

斎藤 この実家があるので心配だったという方で、ご主人のお仕事の関係で品川区で地元の工務店さんでマイホームを建てられました。お一人お子様を育てて、ふと気がつくとご主人が定年と。定年するということで、佐賀県の実家が気になっていて、これどうしようと。

大垣 いいパターンですね、奥様が私帰りますっていうことなんですね。旦那は金魚の糞みたいに付いていくしか。

斎藤 そうですね、奥様にダメって言われると。

大垣 でも、定年した後って幸せだと思います。

斎藤 そうですね。帰ってくる可能性を考えて、売却はしたくないと思っていたところ、テレビで移住・住みかえ支援機構のことを知って、電話をしてみたところ、大丈夫ですよと。査定とか、建物診断を終えて、準備を整えて、実を言うと、1軒だけ屋根が新しいお家が、先ほどの佐賀県にあったと思うんですけど、帰るに当たって新築したそうです。

大垣 まあでも、品川を貸して、佐賀の方には失礼だけど、鳥栖市に移ったら、もう、全然、めちゃくちゃ贅沢な。

斎藤 ゆっくりと生活できると思うんです。

大垣 軽く、10万どころじゃないもんね、このぐらいのお家だと。

斎藤 賃料的には、少し小ぶりな家なんですけど、それでも11万円を超える金額を貸し出しができていますし、実際に募集をしてもすぐに入居者が決まりましたし。お話を聞いてみると、佐賀県から品川区を管理することはとてもできなかっただろうと。ちょうどいいタイミングで移住・住みかえ支援機構と出会ったので助かりましたというふうにおっしゃってまして。少し小ぶりなお家と申し上げましたんですけど、4人家族で十分な広さですので。入居者が4人家族、二人子供さんがいて、ちょっと3階建ての作りになっていて。

大垣 こんなところ借りられたら、職場も近くないですか。

鈴木 駐車場もついてて。

斎藤 2番の地図を見ていただくと。品川で、いいところにあるんですよ。

大垣 ねえ。これ、高いっちゃ高いけど、建てたらすごいことになるよね。

斎藤 いや、こんな金額では収まりません。

大垣 20万以上かかりそうですね。

斎藤 ですから、入居されてる方もとても喜んでいただいて。

大垣 あとあれもあるよね、こういうところだと、敷地面積の制限があって、建て替えちゃうともうたたない。品川区だったり、目黒区だったり。

斎藤 こちらの方にも、4年しかまだ継続していないんですけど、500万近い金額をお届けできていると。

大垣 これは、国に表彰してもらわないといけない、絵に描いたような首都圏からの移住ってやつですね。

斎藤 なおかつ戻ってくる可能性があるということで、いいことだと思いますね。

鈴木 選択肢を残しつつということですね。今日もJTIのサイトウミチオさんに、幸せな住み替えの実例をご紹介いただきました。ありがとうございました。

斎藤 ありがとうございました。