JOQRテーマ一覧

文化放送 大垣尚司・残間里江子の大人ファンクラブ(FM91.6/AM1134)

楽しいセカンドライフを送るためのご提案などがたっぷり! 金融・住宅のプロフェッショナル大垣尚司と、団塊世代プロデューサー残間里江子が 大人の目線でお届けします。このブログでは、「大人ライフアカデミー」「マイホーム活用大作戦」の2コーナーの文字起こしを掲載しています。

群馬県の邑楽町から、栃木県の足利市へ

鈴木 今週は、「マイホーム活用大作戦」。移住住み替え支援機構JTIでは、マイホーム借り上げ制度を通じて、大人世代の皆さんに安定した暮らしを提案しています。このコーナーでは、JTIのサイトウミチオさんにご登場いただきまして、豊富な事例の中からリスナーの皆さんの参考になりそうなケースをご紹介していただきます。宜しくお願いします。

斎藤 よろしくお願いします。今回は、群馬県邑楽町をお貸しになりまして、今、栃木県の足利市のほうにお住まいになられている方のお話をさせていただきます。

残間 邑楽町って難しい字ですよね。

斎藤 そうですね、最初はちょっと読めないですね。こちらの方は、お仕事の関係で、1991年に群馬県邑楽町で住宅メーカーでマイホームを建築されました。とても素敵な。

大垣 いいですね。

斎藤 これをみると、大体メーカーが分かるんですけれども。とても、いい感じの、和風のお家でですね。駐車場も2台ついていて。こちらでお仕事をずっとされていて、定年がそろそろという状況になってきたとき、ちょっと、実家のほうが心配になってきて。実家といっても、実は、栃木県の足利市内ですので、そんなに遠いわけではないんですよ。足利市の駅からもそれほど遠くないところにありまして。そちらに戻ろうかなというのを企画したところ、元の家をどうしようかと悩んでいたところ、マイホームを建てていただいたメーカーの方から、売らずに貸すこともできますよということをアドバイスをいただいて、移住・住みかえ支援機構に連絡をいただきまして。そのあととんとん拍子に、これなら十分貸せるんじゃないですかということでお話が進んだんですね。

大垣 これはもったいないですね、売ると。邑楽町だと、そこまで値段が出ないでしょうから。

斎藤 安いですからね。

大垣 いくらメーカーさんのお家でも、そんなに高くは売れないですよね。

斎藤 そうなんです。売却をするのはどうもということがあって。最終的に、家を借りてもらえるんだ、というのがわかったところで、ご予算のほうがいろいろできたものですから、実家を建て替えまして。

大垣 すげえ、なにこれ。

斎藤 これが家なんですけど。

鈴木 個性的な。

大垣 すごいいい家。

斎藤 そうなんです。

鈴木 変わってる。

斎藤 二世帯住宅で、いいお家を建てられまして。角地で、いい場所にもありまして。

大垣 建て替えちゃったんだ。

残間 ロフトみたいなところがかっこいいじゃない。

大垣 じゃあこれ、今は家が2軒。

斎藤 そうです。今はご両親と一緒にお住まいになっていると、

大垣 こういうケースって、最近はあれなんですよね。リバースモーゲージを借りて建てる人もいるんです。

斎藤 そうですね。

大垣 この件かどうかは分からないんですけど、そうすると、ずっと、あるとき払いで元本を減らしていって、金利だけでしょう。そうすると、家賃で十分。

斎藤 そうなんです。

大垣 土地を買わないでいいんだもんね、実家の方だと。リバースモーゲージを使っているかどうかはこのケースでは分からないんですけど。

斎藤 群馬県も、こちらの場合、7万円以上で物件がいいものですから、貸せておりますので。6年ほどの中で、400万円以上のものをお届けさせていただいておりまして。お客様がいうには、移住・住みかえ支援機構のことを知らなければ、自宅を安く売ってしまったかもしれないと。そういったものを持ちながら、安定した賃料も届けていただいているので、助かっているというお話でした。

大垣 これ、下手すると1000万円ぐらいでしか売れないかもですね。

斎藤 そうですね。

鈴木 そうすると、もう4割近く。

斎藤 そうですね。入居者の方も、最初は4人お子様がいる方が入って、とても賑やかな。

大垣 こんな家、絶対貸してないもんね。

斎藤 普通はないですから。

鈴木 ですね。今日もJTIのサイトウミチオさんに、幸せな住み替えの実例をご紹介いただきました。ありがとうございました。

斎藤 ありがとうございました。