JOQRテーマ一覧

楽しいセカンドライフを送るために。
金融・住宅のプロフェッショナル大垣尚司と、団塊世代プロデューサー残間里江子が、大人の目線でお届け。
このブログでは、「大人ライフアカデミー」「マイホーム活用大作戦」の2コーナーの文字起こしを掲載中。

住み替え事例のご紹介 神奈川県の鎌倉市から奈良県奈良市へ


鈴木 今週は、マイホーム活用大作戦。移住住みかえ支援機構・JTIでは、マイホーム借上げ制度を通じて大人世代の皆さんに安定した暮らしを提案しています。このコーナーでは JTI の斉藤道夫さんに、豊富な事例の中からリスナーの皆さんの参考になるケースをご紹介いただきます。斉藤さん、宜しくお願いします。

斎藤 よろしくお願いいたします。今日は、神奈川県の鎌倉市から奈良県奈良市の方へ移住をされた方のお話をさせていただきます。まずですね、仕事の関係で1985年に住宅メーカーで鎌倉市の方にマイホームを建築されたと。ちょっとキュービックっぽい四角い感じなんですけども。

鈴木 そうですね。

斎藤 これ、住宅メーカーの有名なところの住宅になります。仕事をして、勤め上げてみたら、お母様とご一緒にお住まいになっていたんですけれども、お母様が育った街に戻りたいという希望を持ってるということが分かりまして、それが奈良だったわけですね。ただ、奈良の方を見てみると、実家はかなり古い家ということで、このまま住むにはどうかなということで、建て替えをすると。

新築をしましてですね、じゃあ帰りましょうと。高齢のお母様と引っ越しはちょっと大変な準備が必要で、なんとか乗り切って、引っ越しが終わって考えてみると、鎌倉の方のマイホームどうしたらいいのかなと。

売却をということもちょっと考えたらしいんですけれども。

残間 鎌倉だからね。

斎藤 そうなんです。十分売却はできると思うんですが、ただやっぱり価格がですね随分低いことを言われるようだという噂を聞いて、ちょっとどうしようかなと。最終的に悩んでいた時に新聞の記事で移住住みかえ支援機構のことを知りまして、じゃあ相談してみるかということで、相談をして査定をしてもらったところ、金額もそれほど低くなく。

大垣 この家は高いですよね。

斎藤 そうですよね。なんと入居賃料は12万円を超えてるんですよ。

鈴木 あら。

斎藤 まだ4年なんですけれども、400万円を超える金額を既にお届けをさせて頂いてます。

大垣 これが、いわゆる、家で次の家を買うっていう典型的なパターンですよね。

斎藤 そうですね。

大垣 こういうふうに10万以上出るところっていうのは、結構ありますから、上手に貸せれば本当に実家に家を一軒建てるなんていうのは簡単に出来ちゃうし。

斎藤 そうですね。

大垣 それから、年齢がもう60近くになられていれば、最近はリバースモーゲージを借りて新築の家を建てるということもできれ。そうすると、おそらく3万ぐらいしか返済しないと。

斎藤 そうですね、かなり借りても。

大垣 そうすると、お小遣いも出ちゃったりなんかして結構面白いやり方がありますよね。

鈴木 ありがとうございました。JTIの斉藤道夫さんに、幸せな住み替えの実例をご紹介頂きました。ありがとうございました。

斎藤 ありがとうございました。