JOQRテーマ一覧

文化放送 大垣尚司・残間里江子の大人ファンクラブ(FM91.6/AM1134)

楽しいセカンドライフを送るためのご提案などがたっぷり! 金融・住宅のプロフェッショナル大垣尚司と、団塊世代プロデューサー残間里江子が 大人の目線でお届けします。このブログでは、「大人ライフアカデミー」「マイホーム活用大作戦」の2コーナーの文字起こしを掲載しています。

千葉県の市原市から、愛媛県の西条市へ

水谷 今週は、「マイホーム活用大作戦」。移住住み替え支援機構JTIでは、マイホーム借り上げ制度を通じて、大人世代の皆さんに安定した暮らしを提案しています。このコーナーでは、JTIのサイトウミチオさんにご登場いただきまして、豊富な事例の中からリスナーの皆さんの参考になりそうなケースをご紹介していただきます。宜しくお願いします。

サイトウ よろしくお願いします。今日はですね、千葉県の市原市というところから、愛媛県西条市へ移住された方の事例をお話しさせていただきます。こちらのお客様、1998年に住宅メーカーで、千葉県市原市にマイホームを新築。JRの駅からちょっと歩くけれども、大きな分譲地ですので、バスとか、そういったものがあるような、区画整理がきちっとあるところ、そういうところにお家をお建てになったんですね。実をいうと、新築後から9年後くらいなんですけど、出身地でもあって、なぜかお子様が、お孫様が、今暮らしているのが、今暮らしているのが愛媛県西条市ということで、そっちに行きたいなということになったんですね。

水谷 先にお孫さんがいらっしゃった。

サイトウ そうなんですよ。よくあるんですけど、近頃育孫ということでね。おじいちゃんがお孫さんを育てるのを手伝うというようなことがありますね。じゃあ、思い切っていこうかというようなことになって、建築中のマンションを新築で購入して、完成日が近づいてきたところで、マイホームをどうするのかが決まっていなくて、どうするかなということで悩んでいたときに、建てた住宅メーカーから、季節年間に四回、機関紙というのがきているんですけれども、そこの中に、移住住み替え支援機構のマイホーム借り上げ制度というのが載っていて、これは私たちにピッタリかもということでお話をいただいて、機構の職員が親切に対応してくれたということで、移住をするかということを決意をされたと。またこれが、近頃増えてるんですけど、移住先がマンションで。近頃、移住先がマンションというのは増えてきましたね。行った先でまた庭のお手入れとか、そういうのが大変というのがあるのだと思うんですけど。で、マンションに住みうつって、将来また市原に戻りたいということもあるかもしれないので、売らずにいまの状態で収入を得られて良かったという形になっています。

大垣 ここだと、市原でしょう。そうすると、同じものを買っちゃったら、いま払ってらっしゃる家賃の倍ぐらいに。

サイトウ なりますね。

大垣 返すお金がね。

水谷 この場合は、何年でいくら賃料が。

サイトウ そうですね。実を言うと、市原市は東京にすごく近いというわけではないので、賃料的には7万円弱というような金額になっています。ただ、コツコツとそれを11年利用されていて、積み上げると、なんと750万、お手元にお届けすることができていると。

水谷 今後また、どんどん増えていくわけですよね。

サイトウ これ、築年数が浅いですから、使える期間がまだ長いので、これから先が楽しみ。

大垣 綺麗な住宅地。

水谷 今日もJTIのサイトウミチオさんに、幸せな住み替えの実例をご紹介いただきました。ありがとうございました。

サイトウ ありがとうございました。