JOQRテーマ一覧

文化放送 大垣尚司・残間里江子の大人ファンクラブ(FM91.6/AM1134)

楽しいセカンドライフを送るためのご提案などがたっぷり! 金融・住宅のプロフェッショナル大垣尚司と、団塊世代プロデューサー残間里江子が 大人の目線でお届けします。このブログでは、「大人ライフアカデミー」「マイホーム活用大作戦」の2コーナーの文字起こしを掲載しています。

千葉県の船橋市から北海道小樽市へ

水谷 今週は、「マイホーム活用大作戦」。移住住み替え支援機構JTIでは、マイホーム借り上げ制度を通じて、大人世代の皆さんに安定した暮らしを提案しています。このコーナーでは、JTIのサイトウミチオさんにご登場いただきまして、豊富な事例の中からリスナーの皆さんの参考になりそうなケースをご紹介していただきます。宜しくお願いします。

サイトウ よろしくお願いします。今日はですね、千葉県の船橋市からですね、北海道小樽市へ。ちょっと距離は遠いですけれども、移住された方のお話をさせていただきます。この方は1990年に、船橋にマイホームを住宅メーカーでお建てになられて、そしてご自身のお子さま3人を育て上げられたという方なんですね。定年を迎えるのに当たって、王様ももう独立していたので、奥様の実家がある小樽市に行ってみようと。多分、それまでに何度か小樽へ行かれて、いい場所だなと思っておられたそうなんです。

残間 本当だ。

サイトウ 移住先としても人気のある場所ですから。

大垣 そうか、この方もマンション。

サイトウ そうなんです。実はここのところ、移住先がマンションというのが増えてるんですけど、今回も、小樽市の、それも。

大垣 マリーナ系の。

サイトウ 港の、マリーナの。

水谷 夢のような。観覧車がそばにある。

サイトウ そうなんです、お台場みたいなところにある、綺麗なところにあるマンションで。

大垣 これでも、北海道って言われなければ分からないですね。

サイトウ お台場と言われればそう思っちゃうかもしれないですね。

残間 売らないでどこかに行くっていうことは、もう一回戻ってくるかもしれないっていうのがあると、売った先は谷一つの所でいいや、戻ったらまた戸建てのところにって思うんでしょうね。

サイトウ そのとき一番いいシチュエーションのところに行けばいいわけですから。この方の場合、住宅を売らずに小樽のマリーナの前のマンションということで、港やマリーナを眺めながら、のんびり暮らしていますよと。

大垣 たぶん、買われたんでしょう、これ。

サイトウ そうですね。

大垣 借りられても、家賃で十分返せますよね。

サイトウ 多分大丈夫ですね。向こうに行けば賃貸も少し安くなりますので。やっぱり、船橋のマイホームを売っていないということの安心感があるのと、やはり、日々の老後資金にかなり余裕が出て助かったなというふうに言っていただいています。

水谷 船橋の元のお家には、どんなかたが住まれているんですか。

サイトウ 入居者の方が2組入れ替えがあったんですが、いまは3名のお子様がいらっしゃる5人家族ということで。

大垣 向かいにそろばん塾あるし。

サイトウ 看板が出ていますね。ここの場合だと、入居賃料が8万円を超えている金額で、10年継続してやっていただいていますので、なんと900万円ぐらいすでにお支払いできていると。

水谷 へえ。

残間 水谷さん、いくらその間に貯まっているかが一番の興味よね。

水谷 それがいつも一番興味あって。

残間 いつもヘヘヘヘって言って羨ましそうにしてる。

水谷 嘘のような本当の話って感じですよ。

残間 大垣さんがいつも言ってるように、自分が持っている家が知らない間に稼いでくれるっていうことよね。

水谷 ぜひみなさんもJTIにご相談ください。今日もJTIのサイトウミチオさんに、幸せな住み替えの実例をご紹介いただきました。ありがとうございました。