JOQRテーマ一覧

文化放送 大垣尚司・残間里江子の大人ファンクラブ(FM91.6/AM1134)

楽しいセカンドライフを送るために。金融・住宅のプロフェッショナル大垣尚司と、団塊世代プロデューサー残間里江子が、大人の目線でお届け。このブログでは、「大人ライフアカデミー」「マイホーム活用大作戦」の2コーナーの文字起こしを掲載中。

福岡県の福岡市から、熊本県熊本市へ

水谷 今週は、「マイホーム活用大作戦」。移住住み替え支援機構JTIでは、マイホーム借り上げ制度を通じて、大人世代の皆さんに安定した暮らしを提案しています。このコーナーでは、JTIのサイトウミチオさんにご登場いただきまして、豊富な事例の中からリスナーの皆さんの参考になりそうなケースをご紹介していただきます。宜しくお願いします。

サイトウ よろしくお願いします。きょうはですね、福岡県の福岡市から、熊本県熊本市ということで、九州の中での移住のお話をさせていただきます。まず、ご主人様が福岡市でお勤めになっておりまして、1989年に住宅メーカーでマイホームを新築をされて、そこで自分たちも生活をし、子育てもしてきたという流れなんですね。ご主人様の退職が近づいたところで、実はご実家のほうから声がかかって、ご実家が造園業をされていて、なんだか忙しいと。ちょっと猫の手も借りたい状況なので、戻ってきてくれねえか、という話がありまして。じゃあ戻るかということで、熊本に帰ることになりました。福岡のおうちは、住宅街の中にマイホームという形のビルドインガレージのお家が建っていまして。熊本のほうは、実家に近いマンションということで、購入をされて、実際に福岡のほうの家が20年ぐらいしか使っていなかったということで、どうしようというのがあったんですけれども、実は、メーカーのほうから、元の家も売らずに賃料を稼ぐことができるよというのを教えていただいて、移住・住みかえ支援機構に問い合わせをいただきまして、色々と検討した中で、ご主人様が思っていたよりは少し高めの賃料で、査定も出まして、実際の入居のほうも10万円を超えての入居が決まっていますから、結構頑張れたほうだと思うんですね。年数は5年ぐらいですので、まだお届けできている金額も5万円弱ですけど。

残間 それでも大きいですよね。

サイトウ それでも、安定的な賃料が入って、なおかつ、手放していないという安心感でですね、とても助かっているよというようなことを聞いております。

大垣 これ、マンションは買われたんですか。

サイトウ そうですね、購入されています。

大垣 じゃあ、もう、全然、ご退職と近接してだから、借りてらっしゃれば返済が出るし。

残間 福岡と熊本ってそう遠くもないからね、また福岡にいかないこともないし。

大垣 便利なところだもんね。

サイトウ そうですね。地図で見ても、福岡の中でも割と便の良いところなので。

大垣 あと、お子さんがいらっしゃるわけでしょう。だから、それもね、あるしね。

サイトウ 実際入居者の方も5人家族で、お子さんが3人ということで、こちらの家であればとても良い状態でまた学校なんかも近くにあるというのも聞いてますので、喜んでいただけていると思います。

水谷 今日もJTIのサイトウミチオさんに、幸せな住み替えの実例をご紹介いただきました。ありがとうございました。

サイトウ ありがとうございました。