JOQRテーマ一覧

文化放送 大垣尚司・残間里江子の大人ファンクラブ(FM91.6/AM1134)

楽しいセカンドライフを送るために。金融・住宅のプロフェッショナル大垣尚司と、団塊世代プロデューサー残間里江子が、大人の目線でお届け。このブログでは、「大人ライフアカデミー」「マイホーム活用大作戦」の2コーナーの文字起こしを掲載中。

神奈川県鎌倉市から、佐賀県の三養基郡へ

水谷 今週は、「マイホーム活用大作戦」。移住住み替え支援機構JTIでは、マイホーム借り上げ制度を通じて、大人世代の皆さんに安定した暮らしを提案しています。このコーナーでは、JTIのサイトウミチオさんにご登場いただきまして、豊富な事例の中からリスナーの皆さんの参考になりそうなケースをご紹介していただきます。宜しくお願いします。

サイトウ よろしくお願いします。きょうはですね、神奈川県鎌倉市から、佐賀県三養基郡というところに移住をされた方の事例をお話しさせていただきます。もともと佐賀県三養基郡で育ったご主人が。

残間 実家なんですね。

サイトウ ええ。お仕事の関係で、神奈川県の鎌倉に居住をしていて。1992年に地元の工務店さんでマイホームをお建てになりました。少し小ぶりではありますけれども、子育てにもいい場所ということで、お二人のお子さんを育てて。ご主人が定年を迎えるという時期に、実は佐賀の実家が空き家になると。その家を持っていかなきゃいけないということで、帰ろうかという話になったんですけれども、まだ新築してから21年の家が鎌倉に取り残されてしまうと。そういうところで、少し結論を出せずにいたところ、なんと雑誌で、移住・住みかえ支援機構のことを知って、お問い合わせを頂きまして。場所的に、鎌倉なので、賃料的にはそれほど低くならずにいけるよというお話をいただいたので、じゃあ、ということで結論を出してですね。

残間 鎌倉って、大船に近いのね。

サイトウ そうですね。大船の山側になりますね。

大垣 そこだと、10万超えるでしょう、きっと。

サイトウ これ、実を言うと、10万を超える金額で実際に入居が決まっておりまして。この方、家を貸して、実際に生まれ育った町で暮らし始めて。やっぱり、都会と違ってゆったりとした生活ができていますということと、距離的には遠いので、なかなか見にきたりはできないけれども、実際には賃貸ができて、毎月賃料が入ってくるという安心感でとても助かりましたと。

大垣 これ、新築で買うと、月の払い、10万よりも。

サイトウ とてもじゃないですね。土地代が結構高いので。

残間 猫がいる。

水谷 ちなみに、毎月の賃料っていうのはいくら入ってきているんですか。

サイトウ 実際には10万ちょっとでお貸ししているんですが、お手元には9万円ぐらいが、だいたい残ります。

水谷 毎月9万入ってくるっていうのは安心ですよね。

大垣 だいぶ経ってますよね。500万か。

サイトウ そうなんです。500万、もうお届けできてまして。

残間 まあ。

サイトウ もともと、どうしようか、あるいは売ってしまおうかと思っていたところが、売却もせずに今実際お金が入ってきているので。

大垣 4年で500万ですもんね。築21年ってことは、あと15年や20年は。

サイトウ それは、もう。

大垣 だから、本当に。

水谷 明らかに、売るよりも貸しているほうがよかったと。

サイトウ この方の場合は良かったということですね。入居者の方も、お子様お一人の3人家族が入っておりまして、入居者の方も良かったということで。

残間 4LDKだもんね。猫付き。そんなことないか。

水谷 猫ちゃんが写真に写っています。今日もJTIのサイトウミチオさんに、幸せな住み替えの実例をご紹介いただきました。ありがとうございました。

一同 ありがとうございました。