JOQRテーマ一覧

文化放送 大垣尚司・残間里江子の大人ファンクラブ(FM91.6/AM1134)

楽しいセカンドライフを送るためのご提案などがたっぷり! 金融・住宅のプロフェッショナル大垣尚司と、団塊世代プロデューサー残間里江子が 大人の目線でお届けします。このブログでは、「大人ライフアカデミー」「マイホーム活用大作戦」の2コーナーの文字起こしを掲載しています。

埼玉県の狭山市から、鳥取県の鳥取市へ

鈴木 今週は、「マイホーム活用大作戦」。移住住み替え支援機構JTIでは、マイホーム借り上げ制度を通じて、大人世代の皆さんに安定した暮らしを提案しています。このコーナーでは、JTIのサイトウミチオさんにご登場いただきまして、豊富な事例の中からリスナーの皆さんの参考になりそうなケースをご紹介していただきます。宜しくお願いします。

斎藤 よろしくお願いします。きょうは埼玉県の狭山市から、鳥取県鳥取市へ移住された方のお話をさせていただきます。もともと1990年に狭山市の開発宅地内、分譲住宅を新築で購入されたと。建売分譲ですので、外向のお庭の感じが似た家が。

残間 きれいですね。

斎藤 並んでると思うんですけど、こんな感じのお家を。そこで生活をしていたところ、ご主人のお仕事で、ご主人がどうしても鳥取で単身赴任ということになったんですね。単身赴任の中でお子様を育てながら、息子さんが独立をするぞというタイミングに合わせて、奥様も鳥取県にお呼びしようという流れになったんですね。

大垣 へえ。

残間 おいでいただく。

斎藤 そうですね、おいでいただくという形になりまして。こちらのマンションなんですけど、駅からすごく近いんです。

鈴木 本当だ。

斎藤 駅と、もしかしたら糸電話で喋れるか、ぐらいなんですけど。

鈴木 これ、便利ですね。

斎藤 はい。こういったところに、ずっとお一人で単身だったのに、ご夫婦一緒に住むということで移住をされた形になります。

大垣 夫婦で住むには鳥取はいいところだろうな。

斎藤 そうですね。駅の周りも綺麗ですし、少し自然の多いところもありますし。実際にそんな流れの中で、いつもみなさん悩まれるのが、もともとのマイホームをどうするのかということなんですが。こちらの方は、新聞で移住・住みかえ支援機構のことを知りまして、だったらこれはちょっと電話してみようか、ということになりまして、お電話したところ、地元の不動産業者さんがサポートしてくれるよ、というご連絡をいただいて、家を見ていただいたり、あるいは、手直しの見積もりをもらったりという流れの中で、若干賃料は低いんですけれども、とはいっても。

大垣 え、低い? 9万円で。そんなもんだと思うよ。

斎藤 十分貸せておりますので。

残間 結構いい家で。

斎藤 駐車場もついてますしね。そんな流れの中で、じゃあ家を貸して行こうよということになりまして、空き家にしておくのはもったいないと。ゆくゆくはやっぱり、戻ってきたいなという気持ちもあるそうなんですね。お仕事の絡みで鳥取ですので。そんな流れの中、移住・住みかえ支援機構に借り上げてもらったことで、とても安心して鳥取で生活ができているということで、喜んでいただいております。

残間 すごい、値段がちゃんと、その間。

斎藤 そうなんです。こちらも、9年ほどですね、借り上げをさせていただいているので、800万円近い金額をお届けさせていただいています。

残間 まとまったお金だよね。

斎藤 こちらも入居者の方は3組入れ替えになっているんですが、やはり毎回子育て世代の方が。4人家族で、二人の子供さん、5人家族で3人のお子さんと。

残間 これ、やっぱり大垣さんが最初に、子育て世代に転貸したいっていう。だんだんそうなって、思いがね。

大垣 そう思います。狭山市で、買ってこの広さで建てちゃったら、9万なんて全くだよね。下手したら倍近く。

斎藤 そうですね、14、5万は間違いなく。

鈴木 賃貸としたら、かなりお得な物件になりますよね。

斎藤 そうですね。実際に、歴史のある分譲地の中ですから、お子様の学校とか、そういったものもきっといい状況になっているはずなので、住んでいる方も満足をいただいていると思います。

鈴木 今日もJTIのサイトウミチオさんに、幸せな住み替えの実例をご紹介いただきました。ありがとうございました。

斎藤 ありがとうございました。